FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の木、ヤマツツジ

 ツツジ科の半落葉低木。春の葉と夏から秋の葉の別があり、秋の葉は冬芽のまわりに輪生して越冬。ひとつの冬芽から、花芽と葉芽の両方が出ます。全国に自生し、日本の野生ツツジでは分布域がもっとも広いとされています。テレジアの森では、ミツバツツジに継いで開花。色は緋の色、若葉の山に、あざやかに映えて咲きます。

 山の桜が散る頃、白い桜の花と対をなすように、ヤマツツジの朱の花が咲き初めます。桜が空に枝を広げ下陰の人々を包み込むように咲くのにたいし、ヤマツツジは人の目線に真向い、その緋の色の花を投げかけるようにして咲きます。挑戦的でもあり、人の視線を突き放しているようでもあり、それでいて人の心を誘い込む趣きがあります。

 ヤマツツジで思い出すのは、半世紀近くも前の或る丘山風景です。わたしがまだ少年であった頃の、かの丘のヤマツツジの緋の花の群落風景。そしてほんのかすかな、少年の日の淡い感傷ともかかわり、ヤマツツジの真紅の花を見ると、老いた今でも遠い日をうっすらと思い出したりします。その丘は現在広大なスポーツ公園となっていて、昔日の面影はありません。

 少年の日の淡い感傷、そして妻との結婚、加奈さんの誕生、働いて働いて四十年が過ぎ、そして老い呆けた今のわたし。そしてやがて訪れる、誰にも訪れる、死。長い長い苦しい人生でもあり、過ぎ去れば短かくもあり、ただ加奈さんの幸を祈り、ヤマツツジの緋の花を心に、そんなとりとめのない思いが揺らぎました。

※物がなしく病の床に活けてある山躑躅ばな照りあかりたり(中村憲吉)

 ヤマツツジそのものを詠んだ歌は、意外に少ないようです。アララギの著名歌人によるこの歌は、ヤマツツジの鮮烈な趣きが、病との対比の中で詠まれています。

※くれないの花咲き盛るヤマツツジ杖つく吾子がのぼる山のみち
※加奈さんが杖つきながら腰かがめヤマツツジ咲く山路をのぼる
※加奈さんが転んでしまった春の午後ヤマツツジ咲く山峡のみち

雲ふんわりと若葉の上に。
13051301.jpg

年毎にふとります。
13051302.jpg

なんとあざやかに。
13051303.jpg

ヤマツツジ、素朴なあざやかさです。
13051304.jpg

シャラの若葉を透かし。
13051305.jpg

ざっくばらんに、ヤマツツジ。
13051306.jpg

ヤマツツジのくれない。
13051307.jpg

山荘の庭を見下ろす加奈さん。
13051308.jpg

5.13撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。