FC2ブログ

山の幸、ワラビ

 コバノイシカグマ科の羊歯植物。イノモトソウ科とする説もあり、また手元の昭和五十二年発行の広辞苑では、ウラボシ科と記されています。これらについては学術的な問題なので、わたしにはこれ以上立ち入る知識はありません。日本原産とされ、日当たりの良い山の斜面や草地などに生えます。北海道から九州まで分布し、日本人であるならば、ワラビを知らない人の方がめずらしいのではないでしょうか。

 春の山菜としては、もっともポピュラーな植物ですが、発がん性物質など毒性のある化合物を含むことでも知られています。一般的な調理法としては、ワラビのおひたし、卵とじなど。また自家製というわけにはいきませんが、初夏の和菓子のワラビ餅は、ワラビの根から取れるデンプンを原材料にしています。さらにワラビの食用の歴史をふり返れば、はるか縄文の時代にまでさかのぼると言われています。ちなみに日本原産の野菜は、ワラビを含め、数えるほどしかないそうです。

 食するワラビのイメージがあまりにも強いため、わたし自身、ワラビの姿に注目することはほとんど皆無でした。ただ顧みれば、他の草に比べると、つくづく奇妙な立ち姿に見えます。花の咲くはなやぎのない代わり、全体に奇妙な愛らしさがあります。地に低くすっと立つその色も、あまり自己主張のない謙虚な淡いみどりです。

 いつの時代からか、ワラビの姿を家紋や意匠に、日本人は利用してきました。古くは蕨手刀(わらびてとう)、また家紋の花蕨、蕨桜、そのほか着物の意匠などにも、蕨の素朴な風情は利用されたようです。ただし現代では、通常それらを見る機会は皆無といってよいでしょう。そのせいかわたし自身、毎年手にしているにもかかわらず、ワラビの素朴で可憐な美しさを目にとめることはありませんでした。

※石(いわ)ばしる 垂水(たるみ)の上の さ蕨(わらび)の 萌え出づる春に なりにけるかも/志貴皇子(しきのみこ)

 ワラビの歌といえば、まずこの万葉歌が取り上げられるほど有名です。ふつう乾燥地に生えているため、若干現代のイメージとは異なります。古代の人々は、わたしたちとは違った感性でもって、ワラビに対していたのかも知れません。暖房もない時代の、厳しい寒さから開放される喜びは、現代人とは比較にならないほど、強烈だったと思います。

※無心にもあらなく吾らワラビ採るただ食わむためわが山峡に
※太りたる芽をやや反らし地に低く生(お)うるワラビを採りゆく妻と
※笹を刈り日当たりの良き山なだり生うるワラビの太きを採りゆく
※ふくらかにその先の葉をくるみつつ淡きみどりにワラビ生うるも
※なぜこんな羊歯植物を食うのかと今宵のワラビを妻と笑いぬ

 ちなみに、この春のわが山のワラビはほとんど細く、或いは萎え、太るワラビはほんのひと握りほどでした。たかがワラビですが、野生採取の歴史は過ぎ、管理栽培の時代になったのかも知れません。

※いつ如何なる気候のゆえかこの春のワラビは細くあるいは萎えぬ
※年どしにワラビ少なくなる谷と怪しみて居るなす術すべもなく

スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード