FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の木、ミツバツツジ

 ツツジ科の落葉低木。中部地方を中心に太平洋側に分布。痩せ土の山などに生育します。若葉の出る前に紅紫色の花が咲き、名前の由来は、枝先に三枚の葉がつくことから。トウゴクミツバツツジなど多くの種類があり、作手のものは、コバノミツバツツジです。

 愛知県三河地方に住んだ人なら、おそらく誰もが目にはしているツツジです。このことは中部地方全体にも言い得ることであり、つまりそれほどにありふれた木ということになります。ただ、その木の花を見ているにもかかわらず、その木の名を知り、意識する人は少ないかも知れません。

 名古屋市の中心ビル街から、ほんの三十分ほど車で走れば、若葉の郊外に、その花をありふれて見ることができます。あまりにもありふれているため、目にはしても人の意識には残らないようです。実に無造作に雑木林の中にその花を見たりします。

 不思議な花だと思います。一般には紅紫色と表現されますが、凡庸な花の色という印象です。ヤマツツジほど鮮やかな紅ではありませんし、レンゲツツジほどの大輪の華やかさはありません。平凡な花だと思います。しかしありふれていながら、なぜか不思議に、わたしは惹きつけられます。

 ミツバツツジの花の咲くさまは、わたしの幼かった頃の思い出によみがえります。春の弘法さんの命日に、山路をめぐり歩いた記憶です。頭上にはヤマザクラの白い花がそよぎ、背丈ほどの目に近く、ミツバツツジのうすくれないの花が咲いていました。そうした山路をめぐり歩き、幼いわたしは、ふるまわれることのささやかな喜びを感じていました。戦後の貧しい時代であり、ことのほかわたしの家庭が貧しかった頃です。

五分咲きほど。
13042101.jpg

三メーターほどあります。
13042102.jpg

赤松を背景に。
13042103.jpg

山路を散歩。
13042104.jpg

杖をついて。
13042105.jpg

笑いながら。
13042106.jpg

何がおかしいのでしょう。
13042107.jpg

4.21撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。