FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森の木、アセビ。

 ツツジ科の常緑低木、庭木用に植栽もされます。別名アシビ。本州、四国、九州の山地に自生し、早春にちいさな白い釣鐘形の花を房状につけます。葉の緑、花の色と形状、新芽のやわらかな光沢のある紅色など美しく、日本では古くから花木として親しまれています。有毒植物であり、馬酔木と書くのは、馬が葉を食べると酔った状態になることに由来。

 アセビには、特別な思い入れがあります。そのひとつ。わたしどもが山を購入した際、山の木のほとんどが伐採されていましたが、ただ松とこのアセビだけが残されていました。別荘地分譲予定の山であったため、業者の判断でこの二種が伐り残されたのです。業者にとっては、雑木は雑木でしかなく、庭木にも利用される松とアセビだけが、価値ある木と映じたのでしょう。雨の降る初夏の頃、わたしたちは始めてこの山のアセビに出会いました。緑の葉が雨に濡れ、谷状の山全体が明るく輝いていました。

 いまひとつ、アセビと言えば、万葉の歌が思い出されます。集中に十首詠まれていますが、なんといっても次の歌が有名です。

※ 磯の上に 生(を)ふる馬酔木を 手(た)折らめど 見すべき君が 在りと言はなくに

 大伯皇女(おおくのひめみこ)が、弟君である24歳の大津皇子(おおつのみこ)の死を悲しんで詠んだ歌です。「岩の上に生えるアセビの花を手折りもしましょうが、お見せしたいあなたは、この世にいるというのでもない……」。謀反の疑いで処刑され二上山に葬むられた大津皇子の悲劇は、その妃の山辺皇女の、髪をふり乱しはだしのまま後を追って殉死したとの日本書紀の記述により、さらに哀れみ深いものとなりました。

※ 万葉の 植物とわが なつかしむ 馬酔木の花が 散りがたになりぬ (浦田整子)

 古代の悲しみを包み込んだ、やさしさに充ちた歌です。

※ 清楚なる 乙女ら想わせ 咲き初むる 山のアセビの 花房の色 (自作)

 しろじに紅ほのか差すもあり、みどり帯びるもあり、淡い瑪瑙の色もあり、アセビの花の色もさまざま。

滝のように。
13032401.jpg

角度を変えて。
13032402.jpg

3.24撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。