FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の覚める瞬間

 夢から覚めました。不思議なもので、夢から覚めて、夢と気づきます。眠っていたのです。苦しさにとても眠られないと思っていたのに、いつしか眠り、夢の世界をさまよっていたのです。夢を見ている時は、夢の世界が現実そのものでした。夢から覚める瞬間は、およそ次のようなシーンでした。

 輝くお姿の先生に深々と礼を為したとき、ふとわたしの左手のバッグらしきものに気づきます。笑われるでしょうが、それは洗濯ものの入ったカゴでした。同時にわたしの意識に、はて先生は亡くなられたはずだが、との思いが浮かびました。その瞬間夢から覚め、うつつの意識にああ夢だったのかと思い、危ういところだったと心の中で呟きが洩れました。

 洗濯ものカゴが、現実に引き戻してくれたのです。洗濯ものを干したりするのは、職を退いたわたしの日課となっています。朝に干し、午後にとり込む洗濯ものが、夢の中では現実の象徴として現れたのでしょう。あまりロマンチックな話ではありませんが……。夢から覚めたあと、しばらくわたしは、床の中でその夢をふり返りました。

 ほとんどは現実の延長で理解できました。ただひとつ分からなかったのは、生の対極にあるかの世界に、なぜ短歌一首持参であったのかということです。これは今でも分かりません。いまひとつ興味を持ったのは、光です。なつかしい先生のお姿を思い起こすごとに、輝きが薄れ、ついには暗い影のごときお姿となりました。夢で見たあれほどの輝きが、現実を取り戻すにつれ、光を失いました。

 光と死との関わりは、わたしだけの感覚ではないようです。ここでは特に例をあげませんが、いくつかの物語にもそれが伺われます。これ以上立ち入ることは、心のたいへん深い問題になりますので、わたしの手には負えません。ただひとつだけ、その典型を記します。新約聖書のイエズスに関する記述です。イエズスの変容と、復活のさいの若者です。死の暗示であるのに、そこには光が描かれています。

※生も死も無きとこしえの安らぎを思いみるかな秋のひかりに


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。