FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の入り口

 歌における先生のその時の夢が、美しく象徴的であるに反し、わたしの見た夢は、いまのわたしの生活そのものが反映しているのでしょう、実にかっこうの悪いものでした。変な笑い話のような夢でもあります。気楽にお読みください。

 その日の未明、小用から戻り再び寝ようとしたら、いきなり部屋がぐるりと回転する激しい眩暈におそわれました。横になっても治まりません。吐き気もします。眠るどころではないと、布団の中で苦しんでいるうちに、いつしか夢の世界に入っていました。

 短歌会にゆくところでした。50首持参が条件で、歌を書きとめた用紙を胸に、片手にバッグか何かを持ち、わたしは意気込んで会場をめざしていました。ところがその会場が見つからないのです。うす暗く寂しい駅の構内のようなところを、わたしはさまよっています。

 焦りつつ行き、ふと見れば、また別の短歌会の会場がありました。とても明るい光の中、みなさんが前方を向いているその背姿が見えました。またこの短歌会には、1首持参と夢の中の意識にあります。1首じゃない、わたしは50首なんだ。その場をあとにして、わたしはさらに寂しい構内をさまよいました。

 さまよう夢の時間は、長かったと思います。断片的に覚えているシーンもありますが、そのほとんどが、広大な駅の構内のような寂しい建築物の中をさまようシーンです。もっともその場面の詳細を覚えているわけでもなく、ただ漠々とした感覚に、夢の時は過ぎます。

 ……疲れました。続きは次回にします。

季節はずれの、アジサイ。
12102701.jpg

タンナサワフタギの紅葉と、ヤマイモの黄葉。
12102702.jpg

季節はずれの、マツムシソウ。
12102703.jpg

石組の間の、ツワブキ。
12102704.jpg

季節はずれの、タツナミソウ。春の花がもみじの中に。
12102705.jpg

10.27撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。