FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の空

 職を退いて一年余が過ぎ、日々の生活スタイルがようやく定まってきました。作手には、特に用事もなく天気さえ良ければ、土曜の朝から出かけ月曜の朝に帰るのが常となりました。山の管理作業も、従来よりは手をかけられるのですが、いくらでも為すべきことはあり、日中は暇だということがありません。

 二晩を山荘で過ごすようになり、テレビもないので、夜の娯楽がありません。夕食を食べて早々に寝ます。わたしは酔いにまかせられるのてすが、妻と娘にしてみれば、長い夜になります。ただ山荘の造りがログですので、合わせて周りが森ということもあり、それらが眠りに誘う効果もあるようです。みんな比較的よく眠ります。

 仮に働いていたら、見られない夜空を、今回は見ることができました。土曜の夜から日曜にかけて曇りでしたので、星空を見ることはあきらめていました。ところが月曜の夜明け前、午前三時前後に、星の空を見たのです。小用に起きた妻がわたしを呼び起こしました。夜、起きたら夜空をちょっと見る習慣が、わたしたちにはあります。夜の娯楽がないので、それが一番の楽しみです。

 星の空を歌に詠みました。

精緻なる 論理想わせ 真夜の星 谷をつつみて 煌きわたる
わが真上 ひときわ潤み 輝ける 大き星在り 峡の夜空に
精緻なる 論理夜空に 在るごとく わが山峡の 星座きらめく
星たちの 潤み煌く 真夜の空 わが山峡に 妻と仰ぎ居り
真夜の星 潤み煌く 峡の空 老いにし妻と 吾と仰ぎ居ぬ
山峡を おおい煌く 星空の この荘厳の 中に吾ら在り

 散文で表現したかったのですが、歌に劣らない感動を書くことは、とても難しい気がして断念しました。 

石垣のツワブキ。
12101401.jpg

キミノガマズミ。
12101402.jpg

リンドウ。今年はほぼ全滅。花が咲いたのはここだけ。
12101403.jpg

野菊。
12101404.jpg

コウヤボウキ。今年の花は、小ぶりです。
12101405.jpg

10.14撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。