FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やじ馬根性

 救急車? 消防車? 作手には珍しいサイレンの音がしました。それも山荘のすぐ近くです。日曜の昼、食事を済ませて休んでいた時のことでした。事故だろうか、火事だろうか。妻と顔を見合わせました。山荘のめぐりは山ばかりですので、けたたましい音だけが聞こえます。

 しばらくして音が遠のき、かと思うとふたたびサイレンの音が身近に迫ります。どこだろう、近くであることには間違いありません。火事ならたいへんなことになります。山火事にもなりかねません。そんなふうに思っているうちに、今度はヘリコプターの音がしてきました。妻は窓から身を乗り出し、わたしは外に出ました。

 音は次第に、わたしどもの谷に近づいてきます。しばらくして西の山の端からヘリコプターがあらわれ、谷の上の空をよぎり、南東の山の端へと消えました。いったん山の陰に消えた機体でしたが、またすぐに空にあらわれ、北に梶を切りまた西の空へと帰ってゆきます。わたしどもの谷の辺りを中心に何かを探しているようでした。

 何があったんだろう、音が遠のき、離れた位置の妻と言葉を交わしているうちに、またヘリコプターの音が近づいてきました。そして先ほどと同じ飛行をくり返します。時折、地上のサイレンの音も混じります。ふたたび音が遠のき、しばらくしてまたヘリコプターの音。今度はかなり低い高度を飛行している音です。

 とみるみるうちに、わたしどもの谷の山すれすれに機体があらわれました。機体の腹がはっきりと見えます。機体の文字も見えます。地響きするかと思うほどの、すごい爆音です。谷の上の空を旋回します。まるでわたしたちの谷を中心に旋回しているかのようです。妻もわたしも、ただただ驚き仰ぎ見るばかり。どこか近くに、着陸するはずです。

 機体は、南東の山の向こうの空で止まり、向きを変え、そのまま下降してゆき、山の陰に見えなくなりました。「ドクターヘリ、ドクターヘリよ、田んぼに降りた、見に行くよ」。妻は叫ぶやいなや、山荘を飛び出し駆け出しました。わたしは、写真を撮ろうと思い、山荘に駆け込みました。そしてカメラを持って妻のあとを追っかけました。

 ところが一瞬、カメラを持つのがためらわれました。また山荘に戻り、カメラを置いて妻のあとを追いました。なんと妻の駆け足の早いことでしょう。あの小さな丸い体が、はるかわたしの前にありました。山あいの道を百メートルほど駆け抜け、わたしたちは、草の刈られた休耕田の中に、かのヘリコプターを見たのでした。

 道の中央には、救急車、消防車が止まり、やや離れた休耕田の中には、ヘリコプター。もとより人の少ない集落。救急隊員の人らより少ない人影。病の人を搬送する人ら。わたしと妻は、ただ見ているほかありませんでした。近隣のSさんの、おじいさんかおばあさんのどちらかかが、緊急に搬送されることになったのでしょうか。

 やじ馬根性丸出しで、申し訳ありません。病の人を受け入れたヘリコプターの離陸は、さながら映画のワンシーンを見ているようでした。エンジン音が轟くと、周囲の田んぼにふわっと風が吹き、軽やかに機体が浮かびます。そしておもむろに空を移り、いつしか山の陰に消えてゆきました。おそらく、一生に一度の体験でしょう。

作手高原鉄道。
12062401.jpg

こんなふうに乗車。レールがうっすらと見えます。
12062402.jpg

シダの葉に散った花。見上げたら、ウメモドキでした。
12062403.jpg

シモツケ。紅の差した白花。
12062404.jpg

アジサイ。これくらいの咲き始めが、きれいだと思います。
12062405.jpg

シモツケの紅の花。
12062406.jpg

ウツボグサ。以前はありふれた花だったのに、今年はほとんど見かけません。
12062407.jpg

カキラン。絶えもせず、毎年花を咲かせます。
12062408.jpg

ササユリ。テレジアの苑、ほんとうに絶滅寸前です。。
12062409.jpg

風が吹いたら、ひらいた花が揺れ、雌しべがふるえました。
12062410.jpg

6.24撮影。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。