FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草刈り機

 作手のあちらこちらでも、草刈り風景が見られる季節となりました。主に田の畦草とその周辺の路の草、山裾の草などです。水田に雑草がはびこらないよう、草の種が飛ばないよう、周辺の草刈りは稲作作業に欠かせません。

 感心するのは、その刈りかたの丁寧さです。実にすっきりとした具合に仕上げ、中には、まるで定規でも当てているのかと思うくらいに刈り込んでいる場所もあります。以前は草刈りコンテストがあり、その美観を地区ごとに競っていたほどです。

 わたしどもの山、テレジアの苑においても、すでに草刈りの季節に入りました。こちらは実生活とは直接関わりのない草刈りです。植生を守り、山を荒らさないというだけの草刈りです。なので村の人には少々気がひけますが、加奈さんを監督に、妻共々楽しんで作業をしています。舗装路の両端の草も刈りますので、散歩をする地元の人から、時折声をかけていただくのも、励みになります。

 実は、新しい草刈り機を購入しました。先々週の土曜に、作手の農機具センターで受け取りました。従来の草刈り機の混合油がもれるようになったのです。もう二十数年も、使用している機械です。今まで何度か修理に出しました。たとえ今回の修理で直ったとしても、もうそんなには長く使用できないと、判断したのです。

 できるだけ軽い草刈り機を希望しました。古い機械が、老いた身にだんだんと重く感じるようになっていたのです。またホームセンターなどで、もっと値の安いものもあるのですが、作手との良い関わりを保つためには、やはり作手の農協を通したいとの思いがありました。

 新品の草刈り機は、思いのほか軽く、それだけで嬉しくなり、さっそく山荘のめぐりの草を刈ってみました。今回購入したのは、両手ハンドル式。もう一台あるものは片手ハンドル式。どちらもこれを機会に、回転刃を小さなものにしました。それだけ、軽くなるからです。わたしたちの体が動かなくなるまで、これからも草刈り作業が続きます。

お父さんの麦わら帽をかむって。これって、外出用です。
12052701.jpg

フランス菊の咲き連なる路。
12052702.jpg

西洋オダマキにセセリチョウ。
12052703.jpg

咲き盛る西洋シャクナゲ。
12052704.jpg

花の蘂に寄るミツバチ。
12052705.jpg

5.27撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。