FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金環日食

 ブログテーマは他に決めていたのに、思いを変え結局は金環日食にしました。およそ千年ぶりの天体ショーです。小一時間ほどのひとときでしたが、さすがに魅せられました。最近は土曜から月曜の朝まで、家族三人山荘で過ごします。それで金環日食は、二十一日の月曜の朝、わたしたちの山峡で見ることになりました。

 朝七時少し前からの天体ショーです。あいにく東南の空に雲が覆い、日食が見られるか否か心配をしたのですが、七時を過ぎる頃には雲が切れ始め、UVカットのシートを透かして日食を観測しました。妻共々朝の山峡に立ち、年甲斐もなく喜びの声を上げ、目を痛めぬよう計りながら、黒いシートを透かしました。

 日食の様子や推移の画像は、さまざまにネット上で公開されています。なので、いまここで私がとりあげることもありません。ただその時の、わたしどもの山、テレジアの谷から見た日食の様子を簡単に記します。わたし個人の感覚なので、誤認識があるのかも知れません。シートを透かし見る月の影が、一定した動きではなかったのです。

 最初は下弦の形に日食が見えました。そののち雲が立ちこめ、しばらくして雲が切れたとき、黒い月の影が抜けるように日輪が見えたのです。もう金環は終わったのか、そう思いながら、雲の晴れ間をねらい尚もシートを透かし見ると、やがて小さな丸い月の黒い点が日輪のまん中に見えました。あれが金環日食? 金環とは言い得ない黒い小さな月の影です。でも妻は妻で、金のリングができていると、大喜び。

 日食から目をそらしあたりを見ると、谷の若葉の明るさが、不思議な暗さを帯びています。日が差しているにもかかわらず、いつもなら若葉に踊るはずの光がくすみ、輝きがありません。ふり返りふと足元を見ると、わたしの影がうっすらと、草芝の上に落ちていました。よく見ると、二重三重にぼやけています。若葉の谷全体が異様な暗さに包まれていました。

 不思議な気分で、ふたたびシートを透かし、そうしてついに金のリングを見ました。月の黒い影が、日輪すれすれに大きくなり、たしかに金のリングをつくったのです。黒いシートで透かし見る金のリングは、これまた幻想的な色彩です。シートの闇の中に、朱の色の雲がたなびき、そして雲の間の青空は黒。白金のリングには仄かに茜が差し、その真ん中に黒く丸い月影。

 日の差す若葉の谷の不思議な暗さと、シートを透かし見る空の幻想的光景。まさに千年に一度と言ってよい体験でした。

入り口の、石とテッセン・フランス菊・フキノトウ
12052001.jpg

これから買い物です。外出大好き加奈さんです。
12052002.jpg

買い物の帰り、庄の沢に寄りました。
12052003.jpg

なんだか、松を見上げていました。
12052004.jpg

ポーズと言ったら、こんなふうにしました。
12052005.jpg

5.20撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。