FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高らかにひびく鳥の声

 日曜・月曜は雨との予報。そのため21日の土曜、日帰りで作手に行きました。今年に入り、作手に行ったのは、これで8回目です。これまで17週ありますので、平均、ほぼ隔週ということになります。内、宿泊は5回。職を退いたわりには、少ない気がします。でも、天候や自己都合など、意外と行く機会がないのも確かです。

 21日の山は、前回と異なり、一気に春の様相を帯びていました。植栽したものや自生のものなど、木々や草々に花が咲き、ことしの寒さのせいで咲き遅れた花も咲き、まさに百花繚乱の始まりの様相でした。これから5月の末近くまで、さまざまな花が咲き継ぎ、一年でもっとも華やかな季節を迎えます。

 季節の変化は、視覚だけでなく、聴覚でもはっきりと感じられます。一年をとおして常に聴くのは、谷地をほそく流れる水の音です。この水の音に加え、季節毎の音があります。今までは、冬の山を吹き抜ける風の音でした。今は、なんと言っても鳥の声です。特にオオルリです。ピーッ、ヒーッと高く鋭く澄んだ鳴き声に、ツルルルル…と低い声の尾が引きます。この連続音が、わたしたちの山峡の空に、高らかにひびくのです。もちろんそのほかの鳥たちの声も混じり、さながら天然の音楽に包まれているような感覚にとらわれます。鳥の区別はほとんどつかないわたしですが、季節毎の声の移り変わりは、分かります。

 豊田市周辺の山は、すでに若葉が萌え、山全体は淡く萌黄の色に霞んでいますが、21日土曜の作手の山は、ようやく萌のきざしが感じられる程度でした。400メートルの標高差の故です。ふもとの花々が咲き始めたとはいえ、山全体は、冬山のなごりをとどめています。若葉萌えまで、あともう少し。

芽吹きの前の林に、シロモジの黄の花が、霞むように咲いています。
2012042101.jpg

蕗の若葉に囲まれた、黄のラッパスイセン。
2012042102.jpg

コゴミ。少し背を反らした、少年たちを連想します。
2012042103.jpg

枯れ落ち葉の間に、スミレとイワカガミの花。
2012042104.jpg

ゼンマイの若芽。こちらは少女のおもむき。
2012042105.jpg

4.21撮影。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。