FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女らが袖ふる……

 しばしば冷たい雨がふり、風の吹きまくった週末、自宅で籠もるようにして過ごしました。この日頃の寒さは、昨年と同様のパターンです。日々の短歌日記で、それらが知られます。この春の作手の花が、はたしてうまく咲くのだろうかと、案じています。

 土曜の午後は、自宅付近の、雨あとの路を散歩しました。いつもの、田の原を見晴らす山ぎわの路です。風はなお冷たく、厚めのヤッケを着込んで、マスクをして歩きました。月暦では、雛の日。けれどまったく春は感じられず、気分も滅入ります。散歩コースの中ほどで、引き返すことにしました。

 後ろ手を組み、俯き加減で歩いていましたら、ふと、彼方の田の土手に腰を曲げ、何かを摘んでいる人を見かけました。ツクシかな、と直感し、歩みを止めて見ていたら、その人もわたしに気づいたらしく、両の手をふり、こちらに来いとわたしを手招きします。

 どうやら、おばあさん。知らぬふりをして過ぎようとしましたが、大きく手をふるその姿がなぜかなつかしく思われ、かなたの土手に向かい、田んぼの畦をくだりました。近づけば、やはりマスクをしたおばあさんです。

 ツクシですか、と声をかけ、しばらくの会話。お互いマスクをしているので、どんな顔なのかよく分かりません。土手のツクシ摘みを話題にし、手に余るほどを摘んだからとおばあさんは去り、わたしは残り、土手のツクシを摘みました。ほそほそとしたツクシでしたが、なんだか気分はほのぼの。

 大らかに手をふる女性のこころに、万葉の世界をかいま見るようでした。

■乙女らが袖ふる山の瑞垣の久しき時ゆ思いき吾は(柿本人麻呂)
 乙女らが袖ふる……。明るい未来を感じさせる、いいことばです。

■春の野にすみれ摘みにと来(こ)しわれそ野をなつかしみ一夜寝にける(山部赤人)
 のびやかな歌いぶりで、そこはかとなく恋心も感じます。

■かの野辺の媼(おうな)がわれに諸(もろ)手ふるツクシを摘みに来よと呼ぶらし(自作)
 万葉の世界から、がくっと現実に戻ります。まぁ、いいでしょう。
 わたしも、高齢化社会のまぎれもない翁のひとりですから。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。