FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕗の薹の季節

 先週、東京の或る植物学者の方から、メールをいただきました。HP「作手自然愛好会」経由です。以前発行していた、サギソウ便りの記事に関する、お問い合わせでした。もともと名刺代わりに作成したHPであり、基本的に見る人などいないと思っていましたので、まさか専門家の方の目に留まるとは、想像すらしていませんでした。

 メールによれば、調査のために作手に来られるやも知れず、大石さんに対応をお任せすることにしました。今回のことでわたしが痛感したのは、「作手自然愛好会」のあり方です。組織としての対応というより、大石さん個人の知識に頼っているのが、現状です。個人のデータを、今後は会員相互の共有データにするよう、機会をみて提言しようと考えています。

 さて、いよいよ山菜の出始める季節となりました。テレジアの苑では、二月の終わりにフキノトウが芽を出しました。それから二週間を経た今回は、つぼみもほぼ開き、やや時期を失した感があります。それでも摘むのがうれしく、妻といくつかを摘みました。

 日曜は良い天気に恵まれ、午前午後と、山の木草を刈りなどして過ごしました。加奈さんも日の当たる位置で、例によって監督です。夕暮れ近く、小雨となり、作業をなし終えた満足感をもち、山荘に入りました。夕餉には、少々の蕗味噌と味噌和えをいただいたのですが、山菜の豊富な東北にふと思いが至り、心の中で手を合わせました。

ちょっとひらき過ぎかな。
2012031101.jpg

向かって左が食べ頃のフキノトウです。
2012031102.jpg

寒さのせいで、なかなかひらきません。
2012031103.jpg

雪割草。そのほか福寿草もひらいています。
2012031104.jpg

これから作業に向かいます。
向かって右の笹藪でごそごそしているのが、お母さん。
2012031105.jpg

坂みちをのぼります。
2012031106.jpg

ちいさな谷向こうの山荘。
2012031107.jpg

これから、この場所で作業です。
2012031108.jpg

3.11撮影。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。