FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカの縁結び

 27日の金曜の夜、作手の大石さんから電話がありました。午後の四時頃から雪が本格的に積もりはじめ、夜にかけて降り続く様子とのこと。それで29日に予定していた湿原の草刈りを、2月の12日に延期するとの電話でした。

 いったん雪が積もると、湿原の草はその重みで倒れ伏してしまうので、草刈りはできません。しかも作手の雪は、気温が低いためになかなか解けず、日陰などではそのまま凍りついてしまいます。暖かい日がつづき、雪の解けるのを待つしかありません。

 こうした状況で、作手に行くことすらできず、この週末はまたまた豊田の自宅で過ごしました。ところが、縁とは不思議なものです。ある人に出会いました。虫や植物に興味のある五十代の男性です。その男性を、なんと作手の山荘に招くことになったのです。

 土曜の午後、籠もってばかりはいられないと、散歩に出ました。自宅付近は、豊田市といっても旧郡部なので、山もあれば川もあり、田んぼも広がる田舎風景です。ただしその間を国道が走り、ダンプや車の往来が激しく、その騒音は一日中続きます。私たちがふだん利用する散歩コースは、国道から田んぼをはさんでやや距離をおいた山ぎわの、比較的静かな路です。地元の人たちも多くが利用しているコースです。

 散歩の折り返し地点は、いつも決まっているのですが、その日はもう少し距離を伸ばしました。部落の神社が新築最中とのことで、どのくらい工事が進んでいるかがなんとなく頭をよぎり、そこまで行ってみようとふと思い立ったのです。

 ちょうどその新築最中の神社まで来たとき、向こうから左手にバケツ、右手に網竿を持った見知らぬ初老の男性がやって来ました。いつもは軽くあいさつをする程度ですが、男性のいでたちに、ちょっと声をかけてみました。「なにか、採ってみえるんですか」。「ええ、メダカくらいですね」。メダカ! このたったひとことが、その日の二時間を越える話し合いに展開しました。

 実は近年、作手においてメダカを見ることがほとんどなくなりました。このことは、大石さんや鈴木さんも同様に述べています。植生においては、自宅付近より作手の方が確実に豊かです。自然環境全般にしても、一見、作手の方が良好に思われます。それがなぜ、ここにメダカが居て、作手には居ないのか。作手地区全体に定期的に行われる、農薬の空中散布があるいは影響しているのでしょうか。

 とにかくそんなこんなの話で、寒い風の吹くなかを、男性と路端にしゃがみ込み、ついにはわたしの自宅にまで車を回してもらいました。そしてさらに妻をまじえ、わたしどもの部屋でさまざまを語り合いました。名古屋市天白区在住の、市の行政マンとのこと。作手にアセビの花咲く三月ころ、山荘に来ていただくことを約束し、別れました。

 不思議な縁です。作手に行けなかったからこその出会い。しかもいつもよりほんのちょっとだけ散歩距離を伸ばしたから。そしてちょっとだけ声をかけたから。バケツの中には、メダカのほか、スジエビ・シジミ・カワニナが水中を浮遊し、また沈んでいました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。