FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がっかり、反転、幸福

 空に向かい、心がスコーンと抜けるような、それは晴れやかな風景でした。山の上の小高い斜面に立つわたしたち。その前方やや下には、山を切り開いた平らかなハウス農園がいく段にもわたり広がっています。さらにその向こうには、波状の山々が果てもなく連なりつづいています。
 山の上に立つのは、わたしと妻とMさん、そして車の中の加奈さんだけ。ほかには誰も居ません。秋の日の静寂がわたしたちを包んでいます。この素晴らしい風景を前にした瞬間、わたしの心は氷解し、さわやかな幸福感に満たされました。

 ことの成り行きは、およそ次のとおりです。

 先週に引き続き、26日土曜の朝、わたしたちは下山和合地区の花屋さんに立ち寄りました。先週買ったシクラメンが少しもの足りなく思い、さらにふた鉢、おおぶりの花を電話で予約していたのです。今年お世話になった方に、お贈りするためです。
 シクラメンなど、どこにでも売っているのですが、この花屋さんの品は花付きがとても良く、うまくゆけば次の年にも花を咲かせたりします。それで山あいのほとんど目に付かない花屋さんなのに、けっこうなファン客がいます。わたしの妻もそのひとりで、そこで働く女性の方たち(とくにMさん)とも、まるで友達感覚です。
 朝、十時頃着きましたら、さっそく店員のMさんのほうから声をかけられました。手違いがあり、ひとつしか用意できなかったというのです。普通の買い物ならば苦情もの。けれどそうはならないのが、ふだんの人づきあい。Mサンと妻は額を合わせてなにやらひそひそ。わたしは正直なところ、無ければ店に陳列してあるシクラメンでよいではないかと、思いました。
 話が長くなりますので経過は省きますが、結局なんとたったひと鉢のため、山の上の農園までシクラメンを取りにゆくはめになりました。曲がりくねった細い山道を、農園へと、Mさんの車のあとにわたしたちは従ったのです。内心わたしは、三河湖の紅葉を見る予定だったのになぁ、と少々がっかり気分でした。
 
 車をゆっくりと十分近く走らせ、山を登り切り、高原を過ぎ、少し下ったところを左の脇道に入ったとたん、わたしのそれまでの鬱気分は吹っとんでしまいました。冒頭に記した農園風景が広がっていたのです。路をさらにゆるゆると車を進め、もっとも奥の小高いハウス広場へと着いたのです。

 Mさんの笑顔に手招かれ、妻とわたしは、ハウスの中へと入りました。そこはもう、シクラメンがびっしり。Mさんの案内で、ハウスを次から次へと行き来します。花のさまざまなかたちや色に、壮観ささえ感じます。驚嘆の声をあげながら、妻は顔を輝かせます。園芸種にあまり興味のないわたしでも、見応え充分な光景です。
 Mさんは、いま開発中なの、と言って或るシクラメンのところに案内してくれました。一群のそれらを見わたしても、花がほとんど付いていません。ふた鉢だけ、かろうじて花が付いています。よく見ると、淡い黄色です。Mさんによれば、いま黄色のシクラメンを開発中だとのこと。花付きが悪く、病害虫にも弱いため、いまだ商品化には及ばないそうです。そんなこんなの楽しい話に、時間があっという間に過ぎてしまいました。
 すばらしい風景を見せてくださったMさんに礼を述べ、わたしたちは、作手へと山道をくだってゆきました。

いきなりの寒さで、加奈さんが風邪をひいてしまいました。シクラメンを横に。
2011112701.jpg

丸太の上のシクラメン。Mさんの好意で、鉢を取り替えてくれました。
2011112702.jpg

少しアップ。
2011112703.jpg

もうひと鉢のシクラメン。山の上のハウスで、妻が選んだもの。
2011112704.jpg

アップ。
2011112705.jpg

もみじに垂れる朝露を撮ったつもりですが、蛇足……。
2011112706.jpg

山で採ったヤブコウジとミズゴケを小鉢に。
2011112707.jpg

以上、2011.11.27撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。