FC2ブログ

戦争の記憶

 盆過ぎの猛暑から一転して、先週末は曇り雨の天候でした。作手の山には行かず、土曜日曜ともにテレビ漬けの日を送りました。実は15日の月曜夜から、テレビで放映された映画を連夜見ていましたので、その一週間はまるまるテレビ漬けだったことになります。

 毎年この時期になると、テレビは先の戦争に関連した番組を組み込みます。わたしが見たのも、そうしたたぐいのものでした。連夜見たのは、五味川純平原作・仲代達矢主演の「人間の条件」。全六部作で合計九時間半に及ぶ映画です。また土日にかけて見たのは、ドキュメンタリー「日本人の戦争」。前編・後編合わせて六時間の大作でした。

 と、こう書き記し、ふと、今の若い人にはまったく意味不明の文章ではなかろうかと危惧しました。聞くところによれば、戦争があったことすら知らない若者たちもいるようなのです。わたしには信じられませんが、とにかくあらためて時代の流れを整理しておく必要があると思いました。

 現代のドキュメンタリー「日本人の戦争」は、先の戦争に従軍した元兵士らの証言を中心に編集された作品です。四年間にわたるおよそ七百人の人々の証言から成り立っています。証言者らの年齢はおおむね九十歳前後であり、そして先の戦争とは、彼ら彼女らが兵士でありまた従軍看護婦であった二十歳前後の頃、今からおよそ七十年前の戦争を指します。海洋を含む東アジア全域にわたる戦争で、関係国全死者数は二千万人を超えるとも言われます。広島・長崎の原爆投下により、日本の敗戦となりました。

 映画「人間の条件」は、その戦争下での、敗戦前後の中国大陸が主な舞台となっています。昭和三十年代半ば、四年の歳月をかけて撮影されました。敗戦後十五年の年月を経ているのですが、戦争の記憶がまだまだ色濃く残っている時代でもあり、俳優らの演技には真に迫るものを感じます。

 そしてこれらの映像作品を今見ているわたしは、戦後生まれの現在六十二歳。戦争の記憶を引きずる世代とも言えるでしょう。つまりドキュメンタリー「日本人の戦争」における証言者、あるいは映画「人間の条件」における登場人物とは、わたしの父や母の若かった頃の姿とも重なるのです。

 いまここで、作品の詳細やわたしの戦争観を記すことは本意ではありません。ただ、太平洋戦争とも大東亜戦争とも称されるこの戦争の記憶を引き受けることは、わたしにとっては義務などというより、わたしが死ぬまで引きずる無条件の当為的心情にほかなりません。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード