FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒れゆく自然苑

 湿りを含んだ空気が山峡をただよい、暑いような寒いような奇妙な感覚の週末でした。去年、一昨年のこの時期の日記を見たら、いずれもたいへんな猛暑とあります。それに比べれば良いのかも知れませんが、でもやっぱり変な気候だと思います。

 苑の花にも、なぜか精彩が感じられません。ネジバナ、トンボソウ、ノギラン、マツムシソウなど、一見例年どおりのようです。でもなぜか、それらを見るわたしの気持ちが晴れません。山全体に、鬱々とした乱れを感じます。

 いくつかの理由があります。ひとつには、この年の天候の推移の仕方です。たとえば豊田市自宅の百合の花です。例年ならば、六月の半ばから末にかけて大輪の花を咲かせるのですが、今年はひと月以上も遅れて、萎えかかった花がようやく咲いています。同様のことが、テレジアの苑にもあるように感じます。

 また先の台風も、山の風景を荒れさせました。木々の鬱蒼とした枝々は垂れ下がり、草々は乱れ傾いています。山荘の庭の柿の実は、ほとんど落ちてしまいました。この時期の台風はめずらしく、今年はなり年だったので、がっかりです。

 また今年の草の茂りは、湿気のせいかいつもより激しいものです。枯れ松の倒木の片付けもあり、草刈り作業が追いついていません。あら草におおわれた山峡となっています。花があら草の猛々しさに負けています。そんな草の茂りのせいか、今年はオミナエシ、ツチアケビの花が見られません。環境に敏感な花なので、あるいは絶えてしまうのかも知れません。とっても残念です。

 自然に自生する草花を大切にするテレジアの苑ですが、環境の変化に負けてしまいそうです。わたしたち家族の力では、どうしようもありません。都市近郊の山村、作手郷。便利になりすぎたつけがまわってきたようです。

午後の作業を監督する加奈さん。手にしているのはクチナシの花。
2011072301.jpg

イチョウの幹のカブトムシ。昆虫の季節到来。
2011072302.jpg

なんの抜け殻でしょうか。
2011072303.jpg

以上、2011.7.23撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。