FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨ヶ谷・向山湿原の草刈り

 二十六日の日曜は、作手自然愛好会メンバーによる夏の草刈り作業でした。例年の鴨ヶ谷・向山湿原の入り口道路の草刈りに加え、姶良火山の火山灰堆積付近の草刈りもしました。朝の八時から昼の十二時までにおおよその作業を終了。参加者七人。男子三名が草刈り機使用で、女子四名が草の片付けという作業分担。みな六十歳代で、これ以上の人数減少は、これが限界かと思われます。

 このところ蒸し暑い日が続いていましたので、日差しを心配していたのですが、当日は曇り空。夏の作業にはさいわいな天気でした。鴨ヶ谷では、道はしの草を刈り終えたのち、湿原内の帰化植物であるオオハンゴウソウの抜き取りも行いました。この季節、わたしならばひとりではとても踏み入る気のしない藪状の湿原です。恐る恐る他の人たちのあとにつき、草の根元近くを両手で握り一本一本を抜きました。みなさん、泥だらけになりました。

 十時の休憩のさいには、繁茂したハンノキを切るか否かが話題となりました。湿原の面積はおよそ千坪。その五分の一ほどでしょうか、ハンノキの林が占めています。林など、かつては存在しなかったとのこと。もとの湿原らしい状態にもどすため伐採した方がよいという意見。かたや景観上、今のままの方がよいという意見。わたしは複雑な思いでただ聞くばかりでした。

 景観上どちらがよいかは別として、わたしには、考えあぐねている問題があります。自然の遷移と人間の営みとの関わりにおける、是非の判断基準の無さ。また自然保護に対する社会の意識とわたしたちのそれとの落差。例えば、作手村総人口に対する湿原ボランティア数の割合、0.16パーセント。それらを思うとき、わたしは一抹の虚しささえ、感じたりします。これ以上は泣き言になりますので、やめましょう。

 最後に楽しいことを書いて終わります。場所は書きません。二十五日の土曜、わたしたち家族三人で出かけました。せせらぎに沿った明るい林の中の道を、山の奥へとすすみました。去年見つけたホソバノヤマハハコを確認するためです。ありました。白いビロウド状のつぼみをつけていました。つぼみの凛とした可憐さもさることながら、すっと伸びた細葉のいさぎよさ。来週の花もぜひ見に行くつもりです。

 帰るさい、沢沿いにササユリを発見、さらに林の入り口にも見つけました。去年はありませんでしたので、これもうれしい発見です。さらにキイチゴの実がなっていましたので、妻ともども摘んでは食べました。黄色の実はモミジイチゴ、赤い実はクマイチゴでしょうか。これらの実は、翌朝のヨーグルトの具ともなりました。たったこれだけの出来事ですが、わたしたち家族にとってはこの上ない幸福に感じられたひとときでした。

こんな実です。
2011062601.jpg

こんな具合にたわわになっていました。
2011062602.jpg
以上、2011.6.25撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。