FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の作業の始まり

 25、26日の作手は、先週と同様、冷たい曇天の天気でした。こんな日には、気分がひるみますが、だからといって作手行きを止めたら、山の管理はできません。冬は草刈りなどの作業に追われるからです。

 わたしたちの一年は、まずこの冬の作業から始まるといってもよいでしょう。準備を含めれば、先週のチェンソーの点検・修理依頼から始まったともいえます。冬の作業は、断続的に三月半ば頃まで続きます。その日の天気次第で、どの場所で、なにをするかを決めます。

 この作業を終えると、テレジアの園と森は、とてもすっきりした感じになります。そして一年でもっとも華やかな春の季節を迎えます。それが過ぎると、今度は梅雨から夏にかけての草刈りをします。しかしこの時期には、冬場ほどの作業はしません。道端の草刈りをしたり、あるいはあまりに茂りすぎた場所に限定します。自生している草花をできる限り残すためです。そして秋が過ぎ、冬となり、それらの草花の種が地に落ちきるまで待ちます。また秋から冬にかけての木々の実を、鳥がおおよそ食べ尽くすのを待ちます。

 さて25日は、主に山の湿地の草刈りをしました。妻と共に午後一時から五時まで作業。荒刈り程度でしたので、この次に、仕上げの草刈りをする予定です。その他、アジサイ、カツラの木の移植、山道の荒刈りなどをして過ごしました。

 ところで今回、わたし用に新しい長靴を買い、妻用には牛革の作業手袋を買いました。合わせて3000円弱の出費でした。

寒い日の加奈さんは、家の中でラジオを聞いたり、本をぱらぱらとめくったりして過ごします。
2010122501.jpg
2010.12.25撮影

外が暗くなってきたので、カーテンを閉めました。
2010122502.jpg
2010.12.25撮影

翌朝、外を歩いたら、ミヤマシキミが実をつけ始めていました。
2010122603.jpg
2010.12.26撮影
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。