FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小テレジアの命と加奈さん

 娘の洗礼名は、「小さき花のテレジア」。娘が六歳のときに受けた洗礼名です。娘といっしょに、妻もカトリックの洗礼を受けました。娘の洗礼名の名付け親は、わたしの短歌の師であった、カトリック信者の方です。

 わたし自身は、とくにどの宗教集団に属しているわけでもなく、またカトリックについての知識もほとんどありませんでしたので、その名を聞いたとき、かわいらしい名前だな、と思い満足した程度でした。

 ふたりが洗礼を受けたのは、岩手県の盛岡市。それからほどなく、わたしたちはふるさとの愛知県に戻りました。岩手には七年ほど住み、娘が生まれたのも、盛岡です。ですから、娘のふるさとは岩手県盛岡市になります。

 娘も妻も、愛知に帰ってからは、しだいに特定の教会からは遠のくようになりました。でもさまざまなご縁があり、キリスト教あるいは仏教を問わず、宗教をとおしてのいろんな方との出会いがあり、楽しいおつきあいもあり、とても感謝しています。

 さて、わたしが娘の洗礼名の意味を知ったのは、十年近く前、パソコンのインターネットが普及し始めた頃です。検索でテレジアという人を知ったのです。カトリック聖人にふたりのテレジアがいて、そのうちのひとり、小テレジアと呼ばれるひとりが、リジューのテレジアすなわち一般に、「小さき花のテレジア」とされる女性だったのです。

 1873年生まれ、1897年没。24歳の若さで亡くなりました。それを知ったとき、わたしは初めて、洗礼名の意味をそして師の心を知りました。師は、小テレジアに娘の命を重ね合わせていたのだと、思います。当時、娘の命は、そんなに長くは生きられないと、見られていたのです。

 印象深い、思い出があります。洗礼の打ち合わせか、なにかの折でした。いく人かの集まる前で、スイス人である初老の神父さまが、わたしの娘にまなざしを注ぎ、二十歳までは生きられないでしょうね、とおっしゃったのです。わたしは、その穏やかな口調に内心、びっくりしました。娘の生と死に、祝福が与えられたような、わたしはそんな気がして、ひそかに心の安らぐ思いがしたものです。

今はとっても元気な加奈さん。下山地区の三巴(さんば)の朝市に行きました。
2010112701.jpg
2010.11.28撮影

旧三巴(さんば)小学校の運動場を利用しています。
2010112702.jpg
2010.11.28撮影

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。