FC2ブログ

透明な織物 一。どんな喜び?

 その日は、運良くほかにお客のいない、いつもの作手の床屋さんにまず行きました。おかみさんとほっとした気分で世間話。この年の冬の冷たさなどを語り始め、たまたま先々週の向山湿原の草刈りについてわたしが切り出した時のことです。草刈りボランティア数、地元が4割、他が6割くらいと話したところ、おかみさん曰く、「地元のわたしたちがこんなふうに言って申し訳ないけれど、そんなにきれいな花が湿原にあるんですか」。

 返事に詰まりました。きれいな花がある、うーん、ちょっとちがう気がします。おかみさんのニュアンスは、他村の人がそれだけの労力を払うのだから、みなさんそれほどに湿原の花が好きなんですね、みなさんにとってそんなにきれいな花があるんですね、ごくろうさま、という感じです。きれいな花があるから、湿原ボランティアをする、……、ちょっと違う。その場ではうまく説明できませんでした。おかみさんはとても気さくで、人の良い方です。そんなおかみさんの率直な問いかけが、妙に胸に残りました。

 その後、いつも通り「道の駅」、農協で買い物をし、山荘へ。午後はわたしどもの山の湿地の草刈りをしました。夕べとなり風呂に入り、食事をし酒を飲んで、本を読んだりして九時くらいには眠ってしまいました。そして、目覚めたのが深夜の二時半。それから三時間近くも、あれやこれやと、朦朧とした意識の中で思いがめぐりました。とりわけ、理髪店のおかみさんの言葉、そんなにきれいな花があるんですか。

 きれいな花……。あるいは貴重種……。作手の花。きれいと言えばきれいです。貴重と言えば貴重、だからといって国に指定されるほどの種があるわけではありません。平凡と言えば平凡です。またわたし自身に、花への格別な思いがあるのでもありません。正確に言えば、花だけに格別な思いがあるわけではありません。半ば眠りの意識の中で、わたしはおかみさんへの返答を紡ぎ出してゆきました。

 週末毎に、わたしたち家族が作手に通うのは、ほかの人には、奇妙に思われるかも知れません。しかも寒く冷たく、花など咲かないこの季節です。山の管理のため、というそれなりの理屈をつけますが、それは他者に説明するための便宜上のこと。端的に言えば、テレジアの山にゆくことが、喜びであるからにほかなりません。喜び? どんな喜び?

 深夜から夜明けにかけて、延々と自問自答をくり返しました。いま、実はそれなりの解はあるのですが、一度の記述ではとても説明しきれません。折にふれ、少しずつ書いてゆこうと思っています。

晴れ渡った朝。薄い雲がきれいです。
2012022701.jpg

テレジアの山の、ひとめぐりに出発です。
2012022702.jpg

曲がりくねった赤松。山の木のシンボル的存在です。
2012022703.jpg

薄らな雲。
2012022704.jpg

こんな淡い雲も、好きです。
2012022705.jpg

緑のモミの木と、冬枯れの雑木林。
2012022706.jpg

コナラ林を背景に。散歩は左へと、坂をのぼります。
2012022707.jpg

一本道をさらに奥へと進みます。
2012022708.jpg

山の斜面の白い木。太いのは松の立ち枯れ、細いのはコシアブラ。きれいな白です。
2012022709.jpg

山の中腹のヤマモモの前で。
2012022710.jpg

すっと伸びた黒松二本。端正な姿。
2012022711.jpg

以上、2.27撮影。

スポンサーサイト



里山保全整備事業・八草倶楽部

 19日は、豊田市の自治区集会。たいした話しがあるわけではありませんが、欠席して作手に行くわけにもゆきまません。本末転倒になります。土曜・日曜と、ふたたび家籠もる日となりました。

 先週15日に、たまたま市発行の広報を見ていましたら、次の記事がありました。「里山保全整備事業・八草倶楽部」。紹介写真は、椎茸栽培の様子。自生植物を守るというわたしたちの目指すところとは、ややおもむきを異にしている感じです。とはいえ、豊田・八草地区は、私の住まいから車で五分ほどの距離。「里山保全整備事業」の文言に引かれ、とりあえず訪ねてみました。

 会代表のカスヤさんは、とても温厚な人柄です。所有する山にはびこる竹を駆除したいとの思いから、定年退職後個人として、竹の伐採に取り組んだそうです。その後有志の仲間を集め、現在の組織に至ったのだと聞きました。現会員数十三名。

 現地は、南にひらけた細長い棚田をはさむ、落葉樹の小山です。この地形を、地元では洞(ほら)と呼ぶそうです。この洞は、作手の「洞」と同義。わたしは、軽い驚きを覚えました。管理する山は半世紀以上にわたり放置されていたため、植生はほぼ極まり、残念ながら種のゆたかさは見られません。間伐をするなどし、日差しを入れることで、種を増やしたいとのことでした。

 およそ二時間、さまざまなお話しを伺い、また語り合いました。共通する一番の悩みは、木や竹を伐採したあとの処理方法でした。冒頭の椎茸栽培も、伐採したクヌギを原木として利用したいとの思いから、始めたそうです。今後は粉砕機を購入し、チップ状にして、地区の田んぼの肥料にすることも計画しているそうです。

 それにしても、会員の方々の情熱には、驚きます。土日にかけて、月二回の作業日を設けています。発足から二年というまだ若い会のせいなのか、カスヤさんのお話を伺うと、とても前向きに取り組んでいる印象を受けます。今は荒れた山ですが、みなさんの心の中には、きれいになった夢の山があるのだと思いました。

湿原の草刈り・冬

 12日は、清岳向山湿原の草刈りでした。それで前日の土曜に、作手の山荘へとでかけました。積雪を心配していたのですが、さいわいに日差しは明るく、雪もほとんど解け、良い作業日よりの週末となりました。

 前日、刈り払い機・混合油などを軽貨物に積み込んでおき、翌朝、霜で真っ白なテレジアの苑を出発、八時に湿原着。現地では、まだ大石さんがひとりだけ。会うなり、開口一番、「このまえは零下十七度でした」。例年より、十度以上も低い最低気温です。さらに大石さんによれば、今年は鳥が集団で消えてしまったとのこと。去年の3.11から夏の豪雨、冬の豪雪と、とにかく異常現象がつづいています。贅を求めすぎる人間の業がもたらしたものかと、立ち話をしているうちに、みなさんがやって来ました。

 湿原内の草刈りは、いわば泥の中の作業です。刈り払うのもたいへんですが、片付けもたいへんです。刈った枯れ草を集め、束ね、木道まではこびます。さらにそれらを、木道を行き来して湿原の入り口に集めます。そして軽トラで別の場所の山中に捨てるのです。これらの作業を手分けして行い、くり返します。

 当日の参加者は、8名。男性・女性それぞれ4人ずつ。とりわけ、鳥山さんご夫妻は、東栄町から一時間半をかけての参加でした。頭が下がります。しかもみなさん、六十代です。寒風の吹き抜ける湿原での作業を終える頃には、さすがに誰もが疲れ切った表情。わたし自身、十一時半までのおよそ三時間の作業が、以前に比べ辛く感じます。

 内心、こんな得にもならないことを、いったい誰のためにしているんだと、思ったりもします。正直、ネガティブな思いがさまざま胸をよぎります。でもやっぱり、みなさんを見ていると、こうした生き方こそ大切なんだと、つくづく教えられます。世の中をゆがんだ目で見、何もしないのは簡単ですが……。

土曜は、三河湖経由で作手に向かいました。途中、湧水を汲みました。
12021101.jpg

樹幹の向こうの三河湖。
12021102.jpg

翡翠色に輝く湖面でした。
12021103.jpg

湿原の草刈りから帰ったら、妻と娘が入り口付近を散歩していました。
12021202.jpg

完全防寒です。
12021203.jpg

舗装路に向かって。
12021204.jpg

テレジアの谷の上の、雲と青空。
12021205.jpg

草刈りのさい、村田さんからいただいたポストカード。湿原の夕景。
原作品は、東京「上野の森美術館」で展示されます。
12021201.jpg

12.02.11-12撮影

気温の推移グラフ

 二月に入り、冷たい日が続いています。2日は雪が積もり、3日の節分は、まだ解けきっていない雪のはらを冷たい風が吹きまくりました。わが家の水道の湯も凍りつきました。4日の土曜は立春、やはり水道の湯が出ないくらいに、冷たい朝を迎えました。作手の山荘がどうなっているか心配ですが、この冷たさでは、行くことができません。

作手の雪の状況は、森楽さんのブログをご覧ください。
「雑木林で森を楽しむ!」
何とマイナス11℃! 何もかも凍りついた! でも霧氷が美しい!!

 今年は、去年以上に寒さが厳しく感じられます。さらに言えば、作手の山に通い始めた頃より、冬の冷たさを感じます。奇妙な感じです。夏の暑さに関して言えば、確実に蒸し暑くなり、地球温暖化を体感します。なのに冬の寒さはと言えば、二十年前の気候より、寒く感じるくらいです。当時は、山の斜面の笹原に布団を干していたほどでしたが、今ではまったく考えられないことです。

 日頃、データとして確認したいと思っていたところ、お隣のSさんから、気温の推移データファィルを、コピーさせていただく機会を得ました。ほぼ十年間にわたる、日々の最高気温・最低気温を記録したものです。今回、2002年から2011年にかけての記録をもとに、一月・二月の気温の変化を一部グラフ化してみました。

第一図の説明。
項目名の、「最高・最低」の意味は、日々の最高または最低気温の31日分の合計です。
項目名の、「平均」の意味は、日々の最高・最低気温を均した31日分の合計です。
項目名の、「1日平均」の意味は、月「平均」を31日で割った一日あたりの平均気温です。
下のグラフは、「1日平均」をグラフ化したものです。
去年の2011年の気温が極端に低いことが分かります。
(同年数字データの「最高」の項が、171.9という低さに注目)
ことし2012年は、おそらく去年と同じかそれ以下だと想像されます。
夏の猛暑が毎年であるのに反し、冬の寒さは、それに必ずしも連動してはいません。
g20120205.jpg

第二図の説明。
1月と2月の「1日平均」を比較し、グラフ化したものです。
縦棒の青が1月、赤が2月です。
2011年の1月が低かった分、2月は前年・前々年と同じあたたかさです。
また2008年が、他の年と異なり、2月の気温が極端に低いことが分かります。
g20120206.jpg

第三図の説明。
1月の各年の平均を、3年単位で合計しました。
気温の推移の概要が、グラフにより理解されます。
「2007-2009」の数値を境に、下降線を辿っています。
今年のデータを加えれば、さらに下降線を辿ると、予想されます。
毎年夏の猛暑の連続性に反し、ここ3年間の冬の寒さは、反比例するかのようです。
単純な温暖化現象とはいえない、奇妙なデータグラフとなりました。
ターニングポイントは、どの年でしょうか。
第二図・2月の気温が極端に低い、2008年にあると思われます。
g20120207.jpg

プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード