FC2ブログ

天使の日差し

 クリスマス寒波の予報が、実際そのとおりになりました。作手には、23日金曜(祭日)に日帰りで行ってきました。山荘の暖房用の灯油と草刈り機用の混合油が底をついていたため、作手農協GSで購入しておきたかったのです。さいわいに日差しがありましたので、冬のドライブには、ちょうど良い天候でした。

 山荘、豆腐屋さん、道の駅、農協、GS、山荘の順。いつもどおりの日常の会話があり、ちいさな幸福がありました。それにしても、買い物をするさい車を出た時のなんという風の冷たさ。作手高原を吹き抜ける風の冷たさは、豊田あたりの風とはまったく違います。作手高原の気候・風土は、元来低温多湿の湿原ですので、冬の土には凍りつくほどの水分が含まれています。そうした水分を含んだしかもさえぎるもののない田の原を、冬の風が吹き抜け、吹き渡ります。やっぱり作手の風は冷たいなあ、などと妻と笑いあいながら、わたしたちは車の中へと逃げ込みます。

 こんなに冷たい作手だからこそ、冬の日差しのありがたさには、ひとしおのものがあります。ところで「日差し」について、わたしには印象深い映画作品があります。ヴィットリオ・デ・シーカ監督作品「ミラノの奇跡」(1951)です。貧しい人々を描いたモノクロの哀しい作品ですが、その中のワンシーンで、日差しが扱われています。

 重おもと雪雲の垂れ込める朝、まともに住む家も無い人々が、足踏みをしながら寒さをしのいでいます。すると、天上の雲の切れ間からひとすじの光が地上に差し、貧しい人々が一斉にその光の中へと集まり、おしくらまんじゅうをするようにしてお互いを暖め合う、というシーンです。

 なぜかこのワンシーンがわたしには忘れられません。物語はさらに、その光の輪の中に入ろうとする人やそれを押しやろうとする人々やらが描かれるのですが、そのひとすじの日差しがあたかも「天使の日差し」でもあるかのように、描かれているのです。わたしはふと我に返り、日常の日差しのありがたさをしみじみと思ったものでした。

 さて、山荘での昼食後、少し休み、シキミを採り、わたしたちは早めに帰路につきました。途中、ことし最後の墓参りのため、古瀬間墓地公園に立ち寄りました。午後の日差しの中を、妻はシキミを持ち、わたしと加奈さんは腕を組みながら、とぼとぼよろよろと行き来をして墓参りを済ませました。

すっかり葉を落とした、テレジアの山。
2011122301.jpg

加奈さんを、山の入り口に立たせて。
2011122302.jpg

日差しがまぶしい。
2011122303.jpg

手をのけて、と言ったら、目をつむりました。
2011122304.jpg

以上、2011.12.23撮影
スポンサーサイト



日本水仙の花束

 18日・日曜に豊田市自治区の集会があったため、作手には行きませんでした。自治区集会は午前、午後からは小林さんご夫妻が、日本水仙の花束をたずさえ、来宅なさいました。ご夫妻の住居は、犬山市の南部。私たちの住むところより、暖かいのでしょう。私どもの自宅の周辺にも無造作に水仙が生えていますが、まだ茎葉のままで花は咲いていません。作手のテレジアの山はさらに寒く冷たく、はたしてその茎葉すら出ているのでしょうか。

 なお、日本水仙と名付けられていますが、Wikipediaによれば、「原産地は地中海沿岸、室町時代以前に、 中国を経由して日本に入った」そうです。

さっそく活けました。
2011121801.jpg

やわらかな香りが漂います。
右の青いバケツには、メダカが泳いでいます。
2011121802.jpg

たくさんの子どもたちが、笑っているようです。
2011121803.jpg

以上、2011.12.18撮影

いっぱいありすぎて

 なぜか、記憶に留めておきたく、以下、羅列気味の記述です。

 十日土曜の朝は、作手の床屋さんへ。車で店の前を通りがかったら、お客が誰も居ない様子。それで近くの「作手歴史民俗資料館」の駐車場に車を止め、妻と加奈さんを残して店に入りました。三十分ほどで理髪を終了。髪を切られながら、いつものよもやま話。このように通い、もう二十年になります。

 豆腐屋さん(ご主人夫婦は不在)で豆腐を買い、道の駅で買い物。次に農協で買い物。常のコースです。こちらは、ほぼ毎週十年の通い。

 山荘に着いたら、家の中が冷え切っていました。今年はじめて感じる冷気。昼食後、午後一時半から、入り口付近の草を刈りました。風邪は冷たいのですが日差しは強く、車の中の方が家の中より暖かいので、加奈さんを助手席に座らせました。加奈さんはフロントガラス越しに、妻とわたしの作業を見ることができます。日の陰った四時頃、妻と加奈さんは家の中へ。わたしはさらに片付けなどをしました。

 この年はじめて、夜に備え炭火コンロで火を熾しました。ふだんは石油ストーブ二台に、暖調整用の電気ストーブ一台で済みます。底冷えするほどに寒くなると、コンロを使用します。わたしたちの山荘には、暖炉・薪ストーブはありません。そのかわりの炭火コンロです。このコンロで炭火を熾すと、不思議にログ全体が温まります。黒い炭が赤くちろちろと燃え出すさま、透明な黄の炎のゆらめくさま、赤い火の中の白い灰。炭火は生きものを想わせます。

 さて、十日の夜は、皆既月食でした。夜十一時台とのことで、見るのは当初から諦めました。酒に酔って、九時には寝てしまうからです。寝る前に外に出ましたら、谷の上の夜空全体に薄光る鱗雲がひろがり、まんまるな月がほぼ真上・南前方におぼろな金のカサをかぶっていました。
 次に目覚めたのは、いつものように小用を足すための真夜中の二時でした。そっと玄関の戸を開け、外を見てびっくり。白い夜の、明るい闇。目を凝らすと、雪と見まがうほどの霜の世界。外に踏み出すと、わたしの短い影が白い地にくっきりと映ります。ふり返り仰ぐ夜空に、青い満月が鏡のごとく冴え冴えと照りわたっていました。

 十一日の日曜は、朝十一時から、「亀山城無料ガイドツアー」に参加しました。亀山城は、作手の道の駅に隣接します。その城跡をウオーキングしながら、戦国の世を生き抜いた奥平家の歴史を学びました。参加者は今回六名。ツアーガイドの講師の方は二名。内ひとりは、作手自然愛好会会員でもある、村田藤子さんでした。
 寒風吹きすさぶ中でのツアーでしたが、質問に答える形で、予想以上の詳細な説明となり、とても有意義な時間を過ごすことができました。今回のガイド内容を文章にすると、四百字詰め原稿用紙換算で二十枚ほどになるとのこと。歴史絵物語を堪能するような、一時間でした。それにしても、城跡に立ち、往事の戦のさまを想うとき、つくづく戦は嫌なものだと実感させられます。

谷の上の青空。
2011121101.jpg

白いイチョウと、緑の西洋シャクナゲ。
2011121102.jpg

白いイチョウと、青空。
2011121103.jpg

以上、2011.12.11撮影

加奈さんの風邪

 先週、加奈さんが風邪をひき、そのまま悪化。結局、デイを一週間休みました。それでもいまひとつ良くはならず、週末の作手行きは中止。十二月六日(火)現在の今も、体調がすぐれず、デイを休んでいます。

 また妻もわたしも、ダウン気味。一家、寝込むほどではありませんが、鬱々と過ごしています。

天気の良い日は、布団を干しながら、部屋の中で日なたぼっこです。
2011120501.jpg

加奈さんのファースト朝食。手前はバナナなど果物入りの自家製ヨーグルト。左カップは水。右のグラスは麦草粉末などの入ったドリンク。起床後にまずこれらを食します。病気になっても、わたしたちが医者にかかることはまずありません。その分、食生活に注意をはらいます。
2011120601.jpg

結局、一日中テレビを見ながら過ごすことになります。加奈さんは自分から何かをする能力がありません。テレビのチャンネル操作もできません。加奈さんがひとりになったら……。わたしたちのような親の誰もが、かかえる思いです。
2201120602.jpg

以上、2011.12.5-6撮影
プロフィール

カイ

Author:カイ
奥三河・作手郷の風景を、「テレジアの森」から、お届けします。2010年9月より、娘の生活、生い立ちをとおして、より深い心の風景としての作手郷を紹介します。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード